BLOG

年輪

福の家の古谷です。

この切り株は福の家の事務所に置いてあるものです。

樹齢は120過ぎまでは数えられたのですが途中で見失いました。

近いうちに再チャレンジします。

ちなみに年輪は一年で一本です。

自分は絵心はなくとても見せられる絵ではないのですが、

伝わればうれしいです。(自分で書きました。)

木造住宅の柱にはよく節という部分が見られます。

これは木の枝の部分を切断したもので、よく見てみると木の上下がわかります。

大体の枝は色々なものに耐えようと上に向かって枝を伸ばします。

なので自然と年輪の幅が狭く、つまってます。

家を建てるときは、なるべく木を生えていた状態で建ててあげると木も喜ぶんだと自分は思います。

では、また。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。