BLOG

ココロもカラダもホッとする♫

皆様お世話になっております。福の家の浅石です。

不安定な天気が続き、寒かったり暑かったりと体調を崩しやすい季節ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

今回は、最近お手伝いしたリフォーム現場の中から、お風呂のリフォームについてお話してみようと思います。

さて、皆様のご自宅のお風呂は在来浴室ですか?それともユニットバスですか?

お風呂は主に、在来浴室ユニットバスという2種類に分けることができます。
在来工法は、昔ながらの作り方で柱や梁などで軸を組み、浴室を作る方法になります。築30年以上のマンションや一戸建てなどでは、在来浴室であることが多いようです。

↓が在来浴室です。

対してユニットバスは、浴槽だけでなく、天井、床、壁などのパーツを工場で作り、現場で組み立てて浴室を作る方法になります。

↓ユニットバスはこちらです。

ちなみに、今のお家のほとんどは後者のユニットバスです。

在来浴室からユニットバスにするリフォームは、一般的に一番よく行われています。在来浴室は壁や床がタイルなどでできているため、ユニットバスにする場合は天井、壁、床、浴槽をすべて解体することになります。

床下の状態によっては、リフォーム費用以外にも別途費用がかかる可能性が有ります。

例えば、床下にシロアリがいたり水道管が腐食しているのであれば、放置せずに必ずお直しが必要になります。

在来浴室からユニットバスにリフォームするメリットと致しましては、、、

・床が冷たくなりにくい

・掃除がしやすい

・水漏れの心配がない

・工事期間が短い

・浴槽を広くできる(浴室の状況による)

ユニットバスは大きなパネルを合わせて造るため、壁や床に凹凸がないので掃除がしやすく、水漏れの心配も少ないといえます。また、断熱性が高いので暖かい所から寒い所へ移動したときに起こる、ヒートショックを防ぐことにつながります。

他にも注意すべき点や、最近の浴室の様々な機能等が沢山ございますので、今のお風呂にご不満がある方やリフォームをお考えの方は是非弊社にご連絡下さいませ。

心も体もホッとするご自宅のお風呂を一緒につくってみませんか?

おわり

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。