BLOG

足元注意!!

皆様お世話になっております。福の家の浅石です。

自粛が解除され、県内もだんだんと賑わってまいりましたね。

そろそろ少しずつ外に出たいなぁと思う今日この頃です、、、

さて、今回は物置の施工について書いてみようと思います。

最近リフォーム現場に調査に行く事が多くなり、なぜ??と思う事が色々あるのですが、、、

その現場の物置の写真がこちら↓

皆様何が問題かわかりますでしょうか?

正解は、基礎にアンカー処理がなされていない為、物置が動いてしまっている事です。

先日の強風の日に、煽られて動いてしまったとの事。

結論を言ってしまうと、物置を施工する際は転倒防止のアンカー処理は絶対した方が良いです!!

動いただけならまだ良いのですが、もし大切な家族が転倒に巻き込まれてしまったら、、、と思うとゾッとしてしまいますね💦

先程から書いているアンカー処理とはこちらです!

この様に下が土間コンクリートの場合は、基礎ブロックに物置を置いた状態で4隅にL字のアンカーをボルトで固定します。

ちなみに下がコンクリートではなく、土や砂利の場合はどうするかというと、、、

同じ様にL字のアンカーで固定するのは一緒なのですが、下が柔らかいので簡単に抜けてしまうのではと思いますよね?

でも大丈夫です!

そういった場合には、地面に25㎝角の穴を掘り、アンカーを巻き込む形でコンクリートを入れ、固まったら土等を戻します。

そうする事で、ちょっとの風や衝撃ではビクともしない強固なものとなります!

せっかく良いと思って取り付けた物によって、大切な家族や資産が傷ついてしまう、、、

そんな事態を防ぐ為、弊社はアンカー処理を推奨致します!!

物置以外でもこういったご心配をお抱えの方は、いつでもお気軽にご相談下さいませ♫

おわり

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。