BLOG

ミッション・インビジブル

皆様お世話になっております。福の家の浅石です。

今回は「見えない脅威」と闘う勇敢なる職人達の奮闘記をご紹介致します。

とある中古一戸建の現場にて、、、

その現場は築32年。

お客様より「水道量がだいぶ多いのだけれども」というお声が。

すぐさま職人が駆けつけると、見た目上は水道設備に異常無し。

ただ詳細に調べてみると驚くべき状況が!

一階トイレの給水管が土中で漏水してしまっておりました。

お引越しもせまっておりましたので、すぐさま職人による配管の交換工事を行いました。

出来上がりの写真はこちら↓

昔の家の配管は、今の様に塩ビ管ではなく鉄管を使用しているのが一般的です。

人が住まなくなってしばらく経ち通水しなくなると、配管が錆びて劣化してそこから漏水してしまう事が多いとの事。

最近トイレの水の流れが悪い、、、

水道料金がいきなり上がった、、、

なんていう方は一度配管関係を確認した方が良いかも知れませんね。

中古住宅をリフォームをする時も、内装をオシャレにというのも良いですが、構造部分や配管、シロアリ被害がないかを確認し、そこを優先的にお直しする事をオススメ致します。

おわり

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。