BLOG

本日の担当は 41歳の元料理 新婚の島田でございます。

皆様こんにちは。

体調など崩されておりませんでしょうか?

島田は日頃の不摂生が祟り、少々体調不良でございます。

 

福の家では、木について考える機会をたくさんいただいております。

本来、自然の中に勝手気ままに生えている木を、はたまた勝手気ままに人間が切り倒して

様々な事に利用させていただいている訳ですが

先日のブログでも書かせていただきました通り、林業を通して利用する事で

自然との共存が図られてゆく部分もあると思います。

 

たまたま森林公園を歩かせていただく機会があり30年以上ぶりに訪れたのですが

予算の関係なのか、管理が少々弱くて木々の状態が芳しくなくて悲しくなりました。

 

しかしながら、その中を歩くと木漏れ日が優しくて とても気持ち良く

また歩きたいなぁと思った次第でございます。

 

ゆっくりとした時間の流れのなかで、ふと目を凝らすと 松 杉 檜 と色々な樹種が林立しており

その足元に目をやると きのこ類や 小さな草木が生い茂り この森林を森林とたらしめるべく

共存しているのを感じます。

 

会社組織や社会も同じで、単一種類では弱く脆くなってしまいます。

 

様々な環境変化に対応しながら 太く 強く そんな森のような会社にしていきたい。

そしてそんな会社でお客様を百年先まで守ってゆきたい

そう強く思いました。

 

前回に引き続き おとぼけ なしで書いてしまいましたが

木の側に人が寄り掛かって 休 と成す。

いやぁ、漢字って奥深いですよねぇ。

 

休みながらの投稿とさせていただきました。

今回も最後までお読みくださりありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。