BLOG

通気の重要性

こんばんは!

猿田でございます。

本日は通気工法についてお話したいと思います。

木造を検討されていらっしゃる方は知識として持たれていた方が良いと思います。

木造住宅は構造材が木材の為、壁の中が結露しない様に湿気を逃がす必要があります。結露するとカビ等の腐朽菌が発生し、木材を腐らせたりシロアリが寄り付く可能性があります。

阪神淡路大震災で倒壊した家屋のほとんどが木が腐っていたといったデータがあります。中にはシロアリによる被害も当然ありました。木を腐らせない為には、床下や壁の中、天井裏といった場所の湿気を逃がすために通気を取る必要があります。

外壁の裏側には胴縁といった下地があり、なるべく空気が流れる様に下地を入れた方が良いと考えます。各会社によって通気の取り方は違いますが、念の為確認した方が良いと思います。

注文住宅を考えるにあたって、間取りや仕様を検討するのがメインとなりますが、永く住むマイホームだからこそ、素材や工法もしっかり確認したいですね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。