BLOG

外壁リフォーム

皆様こんにちは。

42歳の元料理 島田でございます。

本日はリフォームにおける外壁塗装について、お書きします。

アイキャッチに気持ち悪い毛の生えた手の写真を張りまして

謝罪いたします。

手の平に薄っすら、白い粉っぽいものが付着しているのが

おわかりいただけただろうか・・・・。

塗料の耐用年数を越えて、チョーキングを起こしている状態になります。

塗膜に混ざっている顔料が劣化してしまった為に起こる現象で

昔の塗料ですと、だいたい10年程度でチョーキングが起き始めてしまいます。

このまま放置しておきますと、腐食・劣化が進みメンテナンス費用が大きく増える可能性もありますので

早めの対応をお勧めいたします。

弊社では スーパーセランフレックス という水性塗料を主に使用しています。

これは水性塗料なのですが、耐用年数が24年~26年持つ可能性のあるコスパの良い塗料となります。

窯業系サイディングやALCなどに対して抜群の効果を発揮します。

外壁の貼替は予算的に苦しい、という方でも塗装であれば

何とか費用が出せそうだという事なら、是非ご相談ください。

住宅を一から建てている弊社だからこその信頼を、ご体感ください。

本日も最後までお読みくださり、誠にありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。