BLOG

基礎のクラック

こんばんは!

猿田でございます。

本日は基礎に不安を持たれているお客様のお家に行って来ました。

このお家は築45年経過しており、旧耐震基準で建築されているお家でした。

新耐震基準のお家の基礎と比べて、旧耐震基準の基礎はコンクリートの中に鉄筋を入れる事が義務付けられておりませんでした。鉄筋が入っていないとコンクリートだけの強度になりますので、強度的に弱く状況によってはクラックが入ったり、コンクリートが傾いてしまったりしまう場合があります。

この場合に基礎を補強する事で強度を上げる事が出来ます。

お家に思い入れがあり、解体して新築というよりはリフォームしながら永く住み続けたい方には、補強する事をお勧め致します。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。