BLOG

身近にあるもの

こんにちは! 福の家の古谷です。

いよいよ桜の花が咲く時期になりましたが、皆様お元気ですか?

今回も身近にあるもので「さしがね」という名前の道具です。

岩見さんから教わったのですが、この道具の端に十二支が彫り込まれています。

ひつじ(未)です。

自分は戌年なのですが、母が未年なので良かったです。

こだわる人は、自分の干支を見つけるまで探すようです。

では、また。

福の家の古谷でした。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。