BLOG

無垢の床材(赤松)の経年変化

こんばんは!

猿田でございます。

本日は無垢の床材(赤松)の経年変化についてお話したいと思います。

こちらの画像はこげ茶色に塗装した赤松の床材で、10年が経過したものです。赤松の床材は一般的なフローリング材と比べると軟らかく、最初は傷が気になったりすると思いますが、いかがでしょうか?

確かに傷や凹みはありますが、それ程気にならないと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

無垢材は傷が出来たり凹んでも違う素材が出てくることはありません。

一般的なフローリングは最初が一番良い状態で、徐々に経年劣化していきます。イニシャルコストを安く抑えることが出来ますが、色褪せや木目が剝がれてしまったりすると段々と残念な感じになってしまいます。

リフォームするとしても床の張替えや上からリフォーム用のフローリング材を貼るとしても、費用が掛かりやすいですし、家具を動かしたりするのも大変だと思います。

新築やリフォームを検討されている方は、無垢の床材を検討されてみてはいいかがでしょ八鹿?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。