BLOG

行動経済学

皆様こんにちは。

42歳の元料理人 島田でございますよ。

本日は読んだ本のお話です。

ダン・アリエリー先生の『予想どおりに不合理』でございます。

行動経済学とは心理学と経済学を混ぜたような学問で

人は無意識のうちに意思決定をしてしまい、それは単純な習性に基づいているという

とても興味深くて怖い内容となっております。

地球上で一番賢い生物と思われる我々人類も

実は至極単純な行動原理で購買行動を起こしてしまう話です。

松竹梅 では竹を選んでしまう理由や 

3つ選択肢が並んだ時 人は類似性のある2点に目が向いて

類似性のない1点は選択肢から除外し

2点の類似している項目のうち1点を選んでしまうそうです。

このように理不尽なのに自然と選んでしまう仕組みなど、マーケティングで広く使われている技巧が

学べます。

これを読むことによって売り手の心理仕組がわかるので

対策を打つ事ができます。

ご興味おありの方はぜひ!

本日も最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。