BLOG

昭和感

皆様こんにちは。

43歳の元料理人 島田でございます。

本日は、リフォームについて 時代を感じる仕上げのご説明を差し上げます。

服や食べ物などに流行があるように、住宅にも流行り廃りがございます。

↑最近の新築で上記のような内装仕上げは、なかなか見られないと思います。

目透かしのベニヤ仕上げの壁を見ると、やっぱり懐かしさを感じます。

↑こういった塗り壁を施工すると、グッと近代的なオシャレさを感じさせますね。

昔も土壁や漆喰などの塗り壁が使われる事もありましたが

真っ白の壁に、荒々しい職人の手仕事で付けた模様という大胆なデザインは

あまり見かける事はありません。

機能性や自然素材といったロハス的な考え方も、近年でグッと進んだものの一つかと思います。

ちょっとした差で、大きな個性を生み出す

「再生住宅」にはそういった楽しみを見出す事ができるのです。

本日も最後までお読みくださりまして、誠にありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

最新の記事

検索

お問い合わせ

福の家へのお問合わせは「お問合わせフォーム」をご利用ください。